事故って戻ってきた赤いフュージョンのパーツを何点か取り寄せたので、装着してみる事に。

フュージョン (2)


社外のサスペンションが付いてる、中古のフロントフォーク。




仮組み。

フュージョン (3)


再利用なステムベアリングにグリスアップで仮組みしたけど、動きは滑らか。

問題なさそう。



ハンドルポストからハンドルを外した状態。

フュージョン (4)


ステアリングステムナットだと思われるナットをサクサクっと外してみる。



スティードのベアリング交換も参考に。



純正品番:53211-268-010の名前は忘れたけど、ステアリングトップ何ちゃら。

フュージョン (5)


本来ならこの辺りにステムベアリングが存在する筈なんだけど、外す際には玉が弾けてしまい、中古で購入したフォークには玉が何個か付いてきた程度・・・



純正品番:50301-268-010なステアリングトップ何ちゃら。

フュージョン (6)




純正品番:50302-268-010 ステアリングボトム何チャラ。

フュージョン (7)


専用工具は持ち合わせていないので、STEEDの時と同じ様にジャッキアップ用の棒とゴムハンマーを使ってガンガン叩いて外してみた。

フュージョン (8)


専用工具があれば楽な作業なんだろうけど、こんなパーツは10年に1度程度の交換頻度じゃないのかと思われてしまうので、また行う事があればジャッキアップの棒を使いそうな予感。

フュージョン (9)




純正品番:50301-268-010なステアリングトップ何ちゃら。

フュージョン (11)


外した、純正品番:50302-268-010 ステアリングボトム何チャラ。

フュージョン (13)


新しいのに交換したら、フレームにゴムハンマー等で圧入していけばOK。

これも専用工具があればいいのかもしれないけど、適当な工具で何とかなったりします。



純正品番:53215-GBK-003←恐らくトップ側

純正品番:53215-KL8-901←たぶんボトム側

フュージョン (16)


サービスマニュアルは取り寄せてないので、適当にはめてみる。

フュージョン (17)


フュージョン (18)


ボトム側は特に問題なかったけど、トップ側のベアリングをどのように入れるのか暫し悩む。

フュージョン (19)


純正品番:53211-268-010のステアリングトップ何ちゃら。

フュージョン (22)


純正品番:50301-268-010なステアリングトップ何ちゃら。

フュージョン (24)


フュージョン (25)


サービスマニュアルをケチったので、暫し悩む。

フュージョン (27)


「恐らくこれが組み上がった形だろう(・∀・)」

フュージョン (28)


勘。

これを

フュージョン (29)


こうやって

フュージョン (30)


こうか?

フュージョン (31)


仕切り直して、

フュージョン (33)


逆さまにしてみて

フュージョン (34)


こんな風にしてみた。

フュージョン (35)


きちんと締まるので問題ないだろう。

フュージョン (36)


・・・たぶん。

間違ってたら指摘してください。



ちなみに、締める前にベアリングにグリスアップをかかさずに。





事故でぶつかった車体右側とは反対の、左側に装着されてたブレーキキャリパー。

フュージョン (37)


これも歪み等が無いので、再利用。



ハンドル右側のマスターシリンダー。

ブレーキフルードが汚れ捲ってたので、注射器やらウェスやらで吸い取ってみた。

フュージョン (38)


・・・で、ストックがあったDOT4を注入。

フュージョン (39)


STEEDと違って、ブレーキホースが短いのでエア抜きが楽。

瞬殺。



中古で取り寄せたラジエーター。

見た目は汚いけど、正常に動作するので良しとしよう。

フュージョン (40)


ヘッドライトも着けてみて、この日の作業は終了。

フュージョン


ラジエーターのホースも何となくな勘で繋ぎ直したけど、問題ないのかな・・・