嫁のFUSION(フュージョン)を勝手にカスタム。~セイ生活~ 

HONDA(ホンダ)のFUSION(フュージョン)のカスタムやメンテナンスのブログ。

セイ生活が多種のジャンルの記事が増えてしまったので、フュージョンネタだけのBlogに移行。
フュージョンで検索をして辿り着いた方は、ここをお気に入りなんかに入れておいてください。

移行ブログ情報

カテゴリ: フュージョン

前回から半年程度経ってるので、フュージョンのエンジンオイルを交換する事に。

b574ac5a.jpg



HONDAの表



スティードにG2オイルを使ってたので、なんとなくフュージョンにもG2を使ってた。

でも、G2オイルってあんまり値段が下がらない|д゚)

ホンダの表を見てみると250ccのスクーターはS9でも良さそう。



でもでも、E1オイルが600円~700円程度で売られているので



「交換の頻度が高ければこれで良いんじゃないか?」



とか考えて、今回はE1オイルをチョイス。





AmazonだとG2と大差がなくて、割高。






続きを読む

2010年の正月に購入した白フュージョン。



『そろそろタイヤ交換の時期ですかね~?』



と、バイク屋に行く度に聞いてはみるけど、



「いや、まだ溝もあるし劣化もしてませんよ。」



と、タイヤ交換をしたいと思いつつできないまま2015年。





溝とか劣化とか関係無しに、交換してきましたよ。

某バイク用品店で。

db2524dc.jpg






続きを読む

購入した頃は綺麗だったメーターパネルも、経年劣化で傷だらけ(;・∀・)

7a52bf5c.jpg



夜は傷が目立たなくなるので問題ないけど、昼間は全くといっていい程見えなくなってきた。






続きを読む

バラしてたフュージョンのヘッド。

クランクの位置の合わせかたが何となくわかったので、合わせてからカムを取り付け。

ca6c8275.jpg



写真に巧く写ってなかったけど





C-----------





こんなマークが付いてるので、そのマークが左手にくるようにヘッドに水平に合わせればOKだよね。

たぶん。

サーモスタット交換の時の悲劇がこれ(´д`)アァ



サーモスタットを組み込んだ後にエンジンに装着しなきゃいけないんだけど、ボルトが古かったのか折れた。

f7a954f8.jpg



取り敢えず、応急処置で針金w








続きを読む

入手したサーモスタットを使い、サーモスタット交換。



「走行中に水温計が真っ赤になって、シートしたから煙があがった(゚Д゚)」



なんて、恐ろしいトラブルに遭ったらしいやさぐれ氏の黒フュージョン。



取り敢えずは2Lのペットボトルに水を詰めて、コンビニに寄りつつだましだまし走ってきたけど、何となく重症。



元から汚かったのか、錆びた冷却液が飛び散った跡。

ff64e0ca.jpg



でもラジエータ液を交換して半年程度なので、恐らく昔から付いてた汚い汚れじゃないかと。




続きを読む

鍵を交換したばっかりなのに、またしても不調で戻ってきた黒フュージョン。



走行中にシート下が熱くなり、煙まで出てきたなんて始末。

水温計が異常な程真っ赤に振り切れたらしいので、完全にオーバーヒート。



そんな中プレコミモーターなんて小さなネットショップを発見。

なかなか売っていない様なマイナーなパーツを取り扱ってる、良店。



そんなお店から取り寄せたのは、純正ではないサーモスタット。

07f11387.jpg




続きを読む

サイドブレーキの不調くらいしか、トラブルが無い快調な白フュージョン。



そんな白フュージョンに買った頃からついていたショートスクリーン。

それを新しいものに交換しようかと。

b17dff30.jpg






続きを読む

エンジンオイル交換なんかも済ませた黒フュージョン。

フロントがべっこりと凹んだから、フレームやらフロントフォークは交換したけど、タイヤはそのままだったので今回はタイヤ交換。

441dea12.jpg



ジャッキを使うのが面倒だったので、余ったタイヤとセンタースタンドで車体を浮かせてみた。

c0d061c0.jpg



0a4451b3.jpg



正面からみると、多少歪んでる様に見える。

走って確かめたけど、走った感じでは歪みなんかもなく真っすぐ走るけど、フロントがグニョったタイヤをそのまま使うのは精神的に良くないので。

479772c3.jpg



この棒なんだっけ? ど忘れ。健忘症だ。

17a1fc84.jpg



左が新しい(中古)なホイールとタイヤ。

c15ad41f.jpg



扁平率が多少違うけど無問題。

フュージョンタイヤ交換 (8) 


黒に塗装してある新しい(中古)のホイール。

fd4a9069.jpg



見た目は綺麗な旧ホイール。

419ce775.jpg



フォークの間にはめこんでやる。

d81c720a.jpg



どわすれした棒をフォークの穴に挿入。

ef7b3560.jpg



この棒も交換してあげた方がいいんだろうな。本当は。

570bfa2c.jpg



ホイールが黒になったので締まって見える。

23ee2e63.jpg



フロントフォークを社外フォークに換えて、多少ローダウンしてたけど扁平率が異なるタイヤに交換してさらに下がったな。

0f38e57d.jpg



このホイールはどうしようかな。

9cc92b2f.jpg



そんな訳で、フュージョンのフロントホイール交換終了。

6f48aca4.jpg


「メーターが動かない」





って、事で久々なバイクネタ。



メーターケーブルが外れてるのかと思いきや、しっかりと取りつけられてる。



タイヤ交換後にメーターが動かなくなったみたいなので、メーターギアがうまく噛み合っていないかと疑ってみた。

b842fa38.jpg



これが、メーターギア。


続きを読む

赤→黒へ変える時からフロントの右側のみが点滅しなくなってたウインカー。



「ウインカーリレーでも駄目になったのか?」



と、単純考えてウインカーリレーを見てみる事に。

ウインカーリレーとポジションリレー (2)


OMRONって体温計なんかのOMRONなのかな?








続きを読む

赤→黒に変わったフュージョンをYAKINIKU TRIBEな辺りから預かって放置してたので、多少手を入れようかと思ったら、何故か駐輪場所に落ちてるこれ。

フュージョンフロントカウル (3)



続きを読む

事故ってやってきた赤いフュージョンフロントの外装の歪みの調整を行えば、修理が終わりな所まできて作業を中断してたけど、年内に終わらせてしまおうと大晦日に作業。

フュージョン


スクリーンやフロント周りの外装を外して、力技でメーター下の外装を取り付けるフレームを修正。



修正前はインナーカウルとアンダーカウル・フロントカウル間に5cm程の隙間があったものが修正後は1cm弱程度まで。ピッタリ合わせるのは無理そうなので、妥協し完成。

フュージョンは両手でブレーキをかけるタイプではなく、右手がフロントブレーキで右足のフットペダルでリアブレーキがかかる、古臭い・・・アンティークなブレーキシステムだったり。



そんなフットブレーキを効いたままにする、サイドブレーキも存在します。

フュージョンサイドブレーキ (2)


フットブレーキを踏みっ放しの状態でこのサイドブレーキを引くと、坂道等にバイクを停めた時に後ろに下がっていったりしなくなります。







そんなサイドブレーキを戻しても、フットブレーキが戻ってこなくなってしまいました(´д`)アァ










続きを読む

外装交換内装交換メーターカバー交換ウインカー交換を済ませたフュージョン。

R0016255


勝手に送りつけられてきて、余ってるメッキアンダーカウルを取り付け。








続きを読む

外装交換を済ませたのに、またしてもやさぐれたやつから内装が届いた(´д`)



タクシーに突っ込まれた側が、多少歪んでる。

フュージョン内装 (2)


この歪みは最終的に修正するとして、部屋にパーツをストックしておくと嫁がプリプリするので、内装を交換する事に。






続きを読む

事故って戻ってきた赤いフュージョンのパーツを何点か取り寄せたので、装着してみる事に。

フュージョン (2)


社外のサスペンションが付いてる、中古のフロントフォーク。




続きを読む

葡萄狩りが最後のツーリングになってしまったフュージョン。

フュージョン修理 (2)


警察と癒着してるだろうレッカー業者によって、やさぐれ宅ではなく敷地が広いこっちへ運ばれてきた。



購入後のトラブルが発生して、6月に瑕疵と抗弁権の行使でエンジンが新しくなって戻ってきたばっかりなのに見るも無残な姿で戻ってくるとは・・・(´д`)アァ




続きを読む

納車してから、エンジンオイルの交換を放棄していたフュージョン。

フュージョンエンジンオイル交換


『さすがに1年は放置し過ぎだな(´д`)』



と、重い腰を上げエンジンオイルの交換作業へ。



STEEDと違って、ジャッキUPの必要が無いから楽。




続きを読む

フュージョンキャリア化でとりつけたキャリア。

フュージョン (2)


『荷物を積めるから便利そうだな(・∀・)』



なんて思ってたけど、フュージョンのノーマルのBOXの収納だけで積載は間に合う様な日々だったのでキャリアを外してみた。

フュージョン


うむ。



ノーマルの方がスマートだな。

メッキパーツを購入しておいたので、事故で破壊されたアンダーカウルの交換。



アンダーカウルがグニョンと折れ曲がって、そのうち吹っ飛んでしまいそうなので早急に交換。

フュージョンメッキアンダーカウルフュージョンメッキアンダーカウル (1)


嫁は全て白で纏めたかったようだけど、白いパーツが壊れたので白いパーツをつけ直すだけだと、見た目が変わらず徒労感だけが残るので勝手にメッキ化。




続きを読む

『フュージョンにバックレストを着けたいな~』



と、ヤ○フオクを眺めてたらやたらと安い値段でボックスとキャリアのSETがストア販売されてた。



キャリアのみやボックスのみでも出品してるストアだったので、キャリアのみの値段でキャリアとボックスを誤って出品してるんだろーなと冷やかし半分で落札してみたら、そのままの値段で届いた(・∀・)

フュージョンキャリア化フュージョンキャリア化 (1)


キャリアがかなりチープな素材とメッキだけど、値段が安いので致し方ない。




続きを読む

フュージョンを購入してた時に着いてた、スポンジグリップ。

雨水を吸うのであんまり好きじゃないし、嫁が乗るには太すぎるグリップなので細めのグリップへ交換しようと作業開始。

フュージョングリップ交換 (2)フュージョングリップ交換 (3)


接着材で取り付けるタイプのグリップは、マイナスドライバーをグリグリとグピップとハンドルの間に押し込んでニッパーで切ってしまうのが楽。



『グリップがもったいないなー(*´Д`)』



と思って巧く外そうとすると、やたらと時間がかかるので切ってしまうのがお薦め。




続きを読む

其の壱の続き。



ガシガシっと外装を外すとこんな感じにエンジンやらキャブレター周りが一目瞭然に。

フュージョンスカスカフュージョンエンジン部


CDIやバッテリーレギュレーターはシート下。

タンデムシート下はエアクリのボックスかな?

・・・で、その後ろにキャブレター。シート下だけど比較的カスタム(整備)しやすい位置にあるので、マフラーやエアクリを換えた際にセッティングもし易い。





楽天オート【楽天市場のバイク無料一括査定】




続きを読む

メーターパネルのバックライトカラー変更なカスタムに続いて、アーシングカスタム。



フュージョンはサイドスタンドを上げた状態かつ、フットブレーキを踏んだ状態でセルスイッチでエンジンが始動する仕組み。

サイドスタンドのスイッチはキャンセルしようかと思ったけど、嫁が乗るのでサイドスタンドを下げてるとエンジンがかからないのは安全の為に良いかな~とキャンセルをキャンセル。



ただし、フットブレーキを踏んだ状態じゃないとエンジンが始動しないのはいまいち使い勝手が悪い。

そんな訳で、フットブレーキに繋がる配線を探そうと外装外しに取り掛かった訳ですよ。

P1110714a


ハートマークを付けた4箇所(反対側も同じ場所)のネジをクルクルっと外す所から始めます。

※ちなみに外装を全部外そうと思ってここから始めましたが、カスタムに必要な箇所の外装だけ外すようにしてください。後でハメ込むのが面倒臭いので・・・












続きを読む

スティードのカスタムは煮詰まってるので、フュージョンのカスタムに着手。

今回はメーターのバックライトの色を変更してみようかと・・・



ノーマルのバックライトはこんな色。

フュージョンフュージョン (1)


シートに座ってみると全面パネルに3本のネジが確認できるので、3本のネジを+ドライバーでクルクルっと外します。








続きを読む

忙しい日々を過ごしていたら買いそびれていたフュージョン。



カスタムされていない、ノーマルに近い白いフュージョンを探してたけどノーマルに近い車両が何気にない。



お金を出せばいくらでもあるけど( ・∀・)





・・・で、そんなフュージョンの事など忘れていた日曜日の昼下がりに、たまたま覗いたHONDAのページに良い車両が。



HONDAの中古車なら中身がヘリックスなんて事もないだろうと見学に行ったら、何故か嫁がハンコをついてるではないか(゚д゚)アラ



たまたまネットで見かけた翌週、スノボの翌日に納車。

P1110519


ジャイロのトライク登録で2人乗りにも慣れてるし、AT限定だけど免許をとってから1年が経ったので納車日にタンデム。



いや~、後ろもいいね。

そんな納車日のタンデムツーリングの話はまた後日。

↑このページのトップヘ